« ホイットニー 復活 アルバム 試聴 | メイン | クーガー女(ピューマ女)はアメリカ版の肉食系女子? »

オグリキャップ オグリ が 逝く

オグリキャップ が 2010年7月3日 に 死亡したようです・・・

オグリキャップ 2010年7月3日 逝く

オグリキャップ は 決して良血な
競走馬ではなかったと思います。

父ダンシングキャップ
母ホワイトナルビー
母の父シルバーシャーク

オグリ は 多くのファンから人気を博し、
競馬ブームを支えたアイドルホースでした。

「オグリ」
「芦毛の怪物」

などの愛称で呼ばれていました。


余生を送っていた北海道の優駿スタリオンステーションで、
脚部を骨折して オグリキャップ は 25年 の 生涯を終えました。


私事ですが、競馬を始めた頃、平成の競馬ブームで
幾度となく中山競馬場へ足を運んだものです。

目の前でオグリを何度も見ました。
一目見て好きになったことはいうまでもありません。


当時はオグリやスーパークリークなどの
ぬいぐるみが飛ぶように売れていました。

武豊 騎手 の 人気も相まってG1レースでは
入場者も十数万人、有馬記念などは十八・十九万人くらいと
記憶しています・・・


最後の 引退レース の 有馬記念 の 日もゴール板の内側から
見ていました。

ゴール直前に芦毛の馬が2頭 駆け抜けていきました。

勿論、優勝は オグリキャップ でした。
もう1頭の芦毛は ホワイトストーン(3着?) だったと思います。


競馬で後悔したことは後にも先にも
この オグリ の 引退レース の 有馬記念・・・です。

オグリ は この年の成績はイマイチでした・
この 有馬記念 も 単勝が 5番人気で 5.5倍だったと思います。

その年の最後を締める 有馬記念 ですから、
競馬ファンは このレースで 夢をみて、夢をかけます。
資金もいつもよりは多めになります。


どうしてだろう、なぜだか今でも分からないのですが、
この オグリ の 引退レース に オグリ の 馬券を買っていない・・・
自分がいました。当然、後悔の雨風嵐・・・


そんなこともあって、 オグリ が 引退してから
北海道の優駿スタリオンステーション へ 足を運んで
オグリキャップ を もう一度みて、

「あの時はすまなかった、本当にゴメンね」って、

一言謝って、大好き?な人参でもあげたいなと思っていました。
しかし、それも叶わぬものとなってしまいました。


本当に悲しいです。
人ではなく、競走馬という動物の死に対して、
涙したのはこれがはじめてです。


オグリキャップ 享年25歳。
心よりご冥福をお祈りします。


[PR]
日本一!売れているアイテムは? ⇒ 楽天ランキング♪



fx