« ホワイトデー の 背景 | メイン | iモード と Xbox は 2月22日 »

スカルプチュア の 種類

スカルプチュア とは 付け爪 の 一種 、人工爪
自爪 の上に アクリル樹脂 などを 直接盛り
爪 の 延長 や 補強 を 行う 技術 !

スカルプチュア の 種類
この 写真 は スカルプチュア ではありません

スカルプチュア の 種類 には

アクリリックネイル
ジェルネイル

の2つがある。


アクリリックネイル は

通常 スカルプチュア と
呼ばれるのはこの形式である。

混ぜると重合反応が起こり
硬化する アクリルパウダー と
アクリルリキッド を用いて 人工爪 を 形作る。

ジェルネイル に比べて
安価で強度が高く
水などにも強い。

また、アセトンに溶けるため、
除去はしやすい。正しい手順で行えば、
自分ではがすこともできる。

ある程度の時間でアクリルが硬化してしまうため
形を作るのには時間制限がある。
反応時の匂いがきつく、爪へのダメージは
ジェルネイル よりも大きい。


ジェルネイル は

紫外線で硬化する
光硬化樹脂 ( アクリル樹脂 ) を 用いる。

2006年頃から流行しており
ジェルネイル専門店なども数多くできている。

ジェルの種類は
ソフトジェル ( カルジェル、バイオスカルプチュア、アクセンツ等)
ハードジェル の 2種類 がある。

剥がす際にはアセトンで柔らかくする(ソフト)
削って剥していく(ハード)となる。

ジェルは紫外線に当てない限り硬化しないため
時間制限なく形を作る事が出来る。

ハードは、硬化後硬さがあるため、
自爪を削り溝を作る事でジェルが
自爪から剥離することを防ぐ。

この削りの段階で自爪が薄く
ダメージを受ける場合が多い。

ソフトは、硬化後も柔軟性が持続するため
ジェル塗布前の自爪の削りがほとんどなく
爪へのダメージも少ない。

自爪に近い仕上がりとなり
美しさが長持ちする。

欠点としては
思い通りの形を作るためには
相当の技術が必要であること

原則として個人で剥がすことができず
サロンで除去しなければならないこと

アクリリックネイル に比べて高価
長さを出すと折れやすいこと
水に弱いことなどが挙げられる。


スカルプチュア の 健康への影響

利用が広がるにつれ健康に関わる
トラブルの発生もみられ 国民生活センター は

『つけ爪による危害−かぶれ、やけど、カビが生えることも−』

として注意を呼びかけている。

揮発性発火性の高いアセトンの取り扱いに関わり
取扱者が怪我や気化したアセトンを吸入して
気分が悪くなったりするなどのトラブルが報告されている。


おまけ

殿堂入りした ネイルクィーン に

浜崎あゆみ(2000年−2002年)
ベッキー(2005年−2007年)
倖田來未(2006年−2008年)

がいる。

3年の受賞経験のある受賞者が
“殿堂入り”するそうです。


[PR]
日本一!売れているアイテムは? ⇒ 楽天ランキング♪



fx