« ユンケルガールズセクシーアピール | メイン | アスクルは明日来るからアスクル »

バリアーニグリーンオイルの酸化度

バリアーニグリーンオイルは飲めるオリーブオイル、
酸化度がエキストラバージン基準値より・・・凄い♪

バリアーニグリーンオイルの酸化度 バリアーニグリーンオイルの酸化度 バリアーニグリーンオイルの酸化度

気休めではない、
本物の確かさを求めるユーザーに♪

日本ホールフーズ(Japan Whole Foods Corp)の
バリアーニグリーンオイルは飲めるオリーブオイルです。


手摘みによる収穫!
採取後2時間以内の製造!
酸化度 0.05!


バリアーニグリーンオイルは
研ぎ澄まされたグリーンの風味が最後まで爽やかです。
作るのは、10月末の初摘み初日から3週間の
オリーブ果実がグリーンの間だけ。

若い緑の栄養と植物酵素の活性エネルギーをそのままに
オイルに閉じ込めました。


バリアーニオリーブオイルの酸化分析数値は、
ドイツ国立化学分析研究所で、エキストラバージン基準値の
20分の1(酸化度0.05)という、驚異的な結果を生みました。

エキストラバージン基準値は1.0.(100g中に1gの酸化オイルが含まれる)
これまで最高といわれていたものが、0.5であったのに対し、
バリアーニは0.05で、世界一の品質が第三国で証明されました。


バリアーニオリーブオイルを使用しているレストランやショップ。

ドゥ・ロワンヌ(東京・恵比寿)
メゾン・ド・レトワール(福井・鯖江)
Beacon(東京・青山)
PASTA HOUSE AWkitchen(東京・中目黒)
チャオベッラ(東京・六本木)
幸三郎 花乃碗(東京・神田)
鉄板焼 獅子丸(東京・中目黒)
レストランBON(東京・向丘)
レストラン鎌倉山本店(神奈川・鎌倉)

リッツ・カールトンホテル(大阪・梅田)


こだわりの品質。(詳細は下記より)

製造方法のこだわり、
ドリップのこだわり、
タンクのこだわり、
土地のこだわり、
瓶のこだわり、
ラベルのこだわり、
環境へのこだわり、

このようなこだわりの結果、酸化度0.05。
という驚きの数値とすばらしい味のオイルが出来上がります。


関連
☆飲めるオリーブオイル☆
アメリカに移住したイタリア人家族が人生をかけて製作するオリーブオイル。
オリーブ果実採取から製造までがたったの2時間以内。
その酸化度は通常のオリーブオイルの20分の1以下。
新鮮故に飲むことが出来るオリーブオイルです。
本物のオリーブオイルは、健康にもよく、料理の味も抜群に引き立てます。
是非お試し下さい。


携帯電話からはコチラ ↓↓↓↓↓↓
バリアーニグリーンオイルは飲めるオリーブオイル


[PR]
日本一!売れているアイテムは? ⇒ 楽天ランキング♪



fx