« インフルエンザ 万能ワクチン 開発 | メイン | 猪木 VS アリ 伝説の一戦が放送 »

インフルエンザ 予防方法 対策

インフルエンザ の 感染経路 は
咳 くしゃみ などによる 飛沫感染 が主であり、
経口 経鼻 で 呼吸器系 に 感染 する。

ただし、 飛沫核感染 ( 空気感染 )や
接触感染 など違った形式によるものもある。

インフルエンザ の 予防手段 としては

インフルエンザ 予防方法 対策
電子顕微鏡により約10万倍に拡大された
陰性 インフルエンザウイルス

一般的な 予防方法 として、
日常生活上の注意と
ワクチン を 使用した 予防接種 がある


インフルエンザ 感染 予防対策

免疫力 の 低下 は 感染 しやすい状態を作るため、
偏らない十分な 栄養 や 睡眠休息 を十分とることが大事である。
これは 風邪 やほかの ウィルス感染 に関しても非常に効果が高い。


石鹸による 手洗い励行 や 手 で 目 や 口 を 触らない事、
手袋 や マスクの着用 といった物理的な方法で
ウイルス への接触や体内への進入を減らす。


感染 の可能性が考えられる場所に
長時間いることを避ける必要がある。
人ごみや 感染者 のいる場所を避けるなど。


換気 をこまめに行う。
空気清浄機などでも良い。
また、部屋の湿度(50〜60パーセント)を保つ。
これにより、 ウイルス を追い出し 飛沫核感染 の確率を
大幅に減らすことが可能である。


予防効果 としてのうがいが有効である。

ただし、ウイルス は 口 や 喉 の粘膜に付着してから
細胞内に侵入するまで20分位しかかからないので
人ごみから帰ったら即座にしなければ うがい の効果は
期待できないとする意見がある。

一方、水道水による うがい は有意に 風邪 の 感染 を
減少させるという研究結果が発表されている。
この研究では ヨード液 による うがい は効果が見られなかった。


感染者 が使用した 鼻紙 や マスク は水分を含ませ密封し、
小まめに廃棄や洗濯をする。
感染者 と同じタオルを使用しない。
感染者 の触れた物をエチルアルコールや
漂白剤などで消毒する。


ウイルス は 日光 や 消毒薬 に非常に弱いため、
衣類に唾液・くしゃみ等が付着したものからの
感染 は考えにくいが、一応こまめに洗濯した方がよい。


インフルエンザワクチン

ワクチン は 身体の免疫機構を利用し ウイルス を分解・精製した
HA蛋白などの成分を体内に入れることで抗体を作らせ、
本物の ウイルス が入ってきても感染させないようにする。
また、 ワクチン の接種により仮に インフルエンザ に
かかったとしても軽症で済むとされるが、個人差や流行株と
ワクチン株との抗原性の違いにより、必ずしも十分な効果が
得られない場合もある。


弱毒生 インフルエンザワクチン

点鼻 ワクチン であり、針を介さないため針を好まない人に有用である。
また、 生ワクチン であるが故、抗体の定着も良好。
適応は5歳以上、50歳未満。
禁忌は不活化ワクチンとは対照的に慢性的な循環器・腎臓・呼吸器疾患や
代謝疾患、血液疾患、易感染性の者、妊娠している女性、
ギラン・バレー症候群を既往に持つ者。
副作用で頻繁に起こりうるのは鼻炎や感冒症状。
日本では未承認である。
よって輸入ワクチン取扱い医療機関にて申込み、
全額自己負担での接種となる。


抗インフルエンザウイルス薬の予防利用

治療用の薬である オセルタミビル ( 商品名 タミフルカプセル75 )
ザナミビル ( 商品名 リレンザ )は、予防用としても使用認可されている。
また、予防薬としての処方は日本では健康保険の適用外であり、
原則的な利用条件が定められている。

インフルエンザ 感染症 を発症している患者の

同居家族や共同生活者(施設などの同居者)が下記のような場合には、
タミフル のカプセル製剤を1日1回、
予防使用することが認められている(7−10日間、継続して服用する)。
なお、健康成人と13歳未満の小児は予防使用の対象にならない。

高齢者(65歳以上)
慢性呼吸器疾患患者、又は慢性心疾患患者
代謝性疾患患者(糖尿病など)
腎機能障害患者

リレンザの予防投与では、その対象が
原則としてインフルエンザウイルス感染症を発症している
患者の同居家族または共同生活者である次の者

高齢者(65歳以上)
慢性心疾患患者
代謝性疾患患者(糖尿病等)
腎機能障害患者


インフルエンザ の トピログ 関連記事
インフルエンザ 万能ワクチン 開発


[PR]
日本一!売れているアイテムは? ⇒ 楽天ランキング♪



fx