« さっぽろ雪まつり 開会 2月18日 | メイン | シンガポール 肝試しツアー »

雛祭り ひなまつり 3月3日

3月3日 は 雛祭り
ひなまつり は 女の子 の
すこやかな成長を祈る年中行事 ♪

ひいなあそび ともいう

雛祭り ひなまつり 3月3日

雛祭り は
日本では和暦(太陰太陽暦)の3月の節句(上巳)である
3月3日(現在の4月頃)に行われていたが

明治6年(1873年)1月1日の改暦以後はグレゴリオ暦(新暦)の
3月3日に行なうのが一般的である。

しかし、一部では引き続き旧暦3月3日に祝われる。
旧暦では桃の花が咲く季節になるため桃の節句となった。


男雛 と 女雛 を中心とする人形を飾り
桃の花を飾って、白酒などの飲食を楽しむ節句祭り。

関東雛と京雛では男雛と女雛の並ぶ位置は逆。
本来「内裏雛」とは雛人形の男雛と女雛の一対を指すが

男雛を「お内裏様」
女雛を「お雛様」と呼ぶ誤りは

「うれしいひなまつり」の歌詞から一般化している。

三人官女以下のその他大勢の随臣、従者人形を「供揃い」という。


ひな人形 の 飾り方

飾り方にも全国各地で色々あるが
多くはこの三種の飾り方である。
しかし、特に飾り方に決まりごとはない。

御殿を模しての全部の 飾り方 (段飾りなどを含む)
御殿の内の一室を拝しての 飾り方
屏風を用いて御座所の有り様を拝しての 飾り方

さらにはお囃子に使う楽器や、家財道具と牛車などの
道具を一緒に飾ることもある。

ひな人形 飾り方


雛人形 は
宮中の殿上人の装束(平安装束)を模している。

親王(男雛、女雛)は
それぞれ天皇、皇后をあらわす。

官女(三人官女)は
宮中に仕える女官をあらわす、内1人のみお歯黒、眉無し。
(既婚者を意味するが、生涯独身の女官の場合には年長者という意味であろう)

五人囃子は
能のお囃子を奏でる5人の楽人をあらわし
それぞれ「太鼓」「大皮」「小鼓」「笛」「謡」である。
(能囃子の代わりに5人、又は7人の雅楽の楽人の場合もある)

随身(ずいじん)の人形は
随臣右大臣と左大臣と同時に衛士(えじ)でもある。

仕丁は従者をあらわし、通常3人1組である。


ひな人形 五月人形 の 弓戸人形
最高級ひな人形を驚きの低価格でお届けします最高級ひな人形を驚きの低価格でお届けします


祭りの日が過ぎた後も雛人形を
片付けずにいると結婚が遅れるという
俗説は昭和初期に作られた迷信である。

旧暦の場合、梅雨が間近であるため
早く片付けないと人形にカビが生えるから
というのが理由だとされる。

この行事に食べられる食品に
菱餅、雛あられ、鯛や蛤の料理(吸い物等)
ちらし寿司があり、地方によっては飲み物として
白酒、生菓子の引千切がある。


ちらし寿司と蛤の吸い物
ちらし寿司と蛤の吸い物


[PR]
日本一!売れているアイテムは? ⇒ 楽天ランキング♪



fx