« ジェロ カバーズ ライブトーク | メイン | 勇志国際 インターネットで卒業 »

太宰治 桜桃忌 6月19日

6月19日は故太宰治の60年目の桜桃忌です。

太宰治 桜桃忌 6月19日

桜桃忌とは?
昭和23年6月19日に39歳で
愛人と入水自殺した小説家、太宰治の忌日。

遺体が発見された6月19日に、
埋葬されている東京三鷹市の禅林寺で、
毎年、法要が行われる。作品「桜桃」による命名。


太宰治のことをファンは
ダザイ と書いたりするそうだ。

戦後の混乱期、彼が東京・三鷹の
玉川上水で入水(じゅすい)心中を遂げて今年で60年。
19日は桜桃忌とあって、人と作品にあらためて世の関心が向いている。


本物は時代を経て、むしろ輝きを増す。
太宰はその代表選手だろう。

たとえば1939年の「短編 女生徒短編 女生徒」には、
今どきの女子高生も大いに共感するはずだ。

「朝は健康だなんて、あれは嘘(うそ)。朝は灰色。いつもいつも同じ」。
今年書かれたように瑞々(みずみず)しい。
現代の文芸のどれほどが、60年後に命脈を保てようか。

参考−日経新聞。
春秋(6/16)


太宰治のプロフィール。
だざい おさむ。
明治42年(1909年)6月19日 - 昭和23年(1948年)6月13日)は、
昭和を代表する日本の小説家・作家。血液型AB型。


太宰治記念館 「斜陽館」
<太宰治記念館 「斜陽館」>

太宰治 斜陽


太宰治の作品。
晩年(1936年、砂子屋書房)
虚構の彷徨、ダス・ゲマイネ(1937年、新潮社)
二十世紀旗手(1937年、版画荘)
愛と美について(1939年、竹村書房)
女生徒(1939年、砂子屋書房)
皮膚と心(1940年、竹村書房)
思ひ出(1940年、人文書院)
走れメロス(1940年)
女の決闘(河出書房)
東京八景(1941年、実業之日本社)
新ハムレット(1941年、文藝春秋新社)
千代女(1941年、筑摩書房)
駆込み訴へ(1941年、月曜荘)
風の便り(1942年、利根書房)
老ハイデルベルヒ(1942年、竹村書房)
正義と微笑(1942年、錦城出版社)
女性(1942年、博文館)
富嶽百景(1943年、新潮社)
右大臣実朝(1943年、錦城出版社)
佳日(1944年、肇書房)
津軽(1944年、小山書房)
新釈諸国噺(1945年、生活社)
惜別(1945年、朝日新聞社)
お伽草紙(1945年、筑摩書房)
パンドラの匣(1946年、河北新報社)
薄明(1946年、新紀元社)
冬の花火(1947年、中央公論社)
ヴィヨンの妻(1947年、筑摩書房)
斜陽(1947年、新潮社)
人間失格(1948年、筑摩書房)
桜桃(1948年、実業之日本社)。


太宰治の関連リンク。
太宰 治:作家別作品リスト(青空文庫)
五所川原市 太宰治記念館【斜陽館】
太宰治『思ひ出』の雲祥寺
太宰治のお墓 地図
関連家系図

楽天「太宰治」の検索結果楽天「太宰治」の検索結果
amazon「太宰治」の検索結果amazon「太宰治」の検索結果


関連
正岡子規 なじみ集 オークション へ


[PR]
日本一!売れているアイテムは? ⇒ 楽天ランキング♪



fx