« 空想生活 商品開発コミュニティ | メイン | サラブレッド 三大始祖 画像 »

ひめゆり学徒隊 の 校章が見つかる

太平洋戦争 末期 の 沖縄戦 で
主に 傷病兵 の 看護にあたった
ひめゆり学徒隊 の 女学生 の 校章が

隊員 が 集団自決 した
沖縄県 糸満市 の 荒崎海岸 で発見された !

ひめゆり学徒隊 の 校章が見つかる

犠牲となった隊員の校章が確認されたのは初めて。
白いユリをあしらった校章は64年前の隊員の悲劇を
静かに物語っており、6月、同市の
「ひめゆり平和祈念資料館」に展示される。

荒崎海岸 は1945年6月21日、
学徒隊を構成していた
県立第一高等女学校(一高女)の隊員7人
教頭1人ら10人が米軍に追いつめられて
手榴(しゅりゅう)弾で集団自決した場所。

将来ある女学生が命を失った悲劇を象徴する地として
同校同窓生らが「学徒隊散華(さんげ)の跡」と
記した慰霊碑を建てた。

発見したのは
沖縄戦犠牲者の遺骨収集に取り組む
市民団体「ガマフヤー」(那覇市)の
具志堅隆松代表(54)。

昨年12月31日
荒崎海岸の別の場所に遺骨収集に向かう途中
岩場の陰に落ちていたという。


Yahoo! ニュース
ひめゆり隊の校章、64年歳月経て自決の浜辺で見つかる


犠牲者 の ご冥福をお祈りいたします


ひめゆり学徒隊とは

1944年12月に沖縄県で
日本軍が中心となって
行った看護訓練によって
作られた女子学徒隊のうち

沖縄師範学校女子部 と
沖縄県立第一高等女学校の
教師・生徒で構成されたものの名前。

通称として「ひめゆり部隊」
と呼ばれることもある。


現在の ひめゆりの塔 (手前)
奥に見えているのは慰霊碑(納骨堂)
塔と慰霊碑の間に口を空けているのが第三外科壕
ひめゆりの塔

ひめゆりの塔(ひめゆりのとう)は

沖縄戦末期の激しい戦闘でほぼ全滅した
沖縄陸軍病院第三外科壕の跡に立つ慰霊碑。

現在の沖縄県糸満市にある。1946年4月7日除幕。

慰霊碑の名称は
当時第三外科壕に学徒隊として従軍していた
ひめゆり学徒隊にちなむ。

「ひめゆり」は学徒隊員の母校
沖縄県立第一高等女学校の校誌名「乙姫」と
沖縄師範学校女子部の校誌名「白百合」とを
組み合わせた言葉で、もとは「姫百合」であったが
戦後ひらがなで記載されるようになった。

植物のヒメユリとは関係がない。


沖縄とるば
沖縄県 糸満市 の 荒崎海岸 の 写真


[PR]
日本一!売れているアイテムは? ⇒ 楽天ランキング♪



fx