« トランスフォーマー Yahoo 乗っ取り | メイン | アメリカ独立記念日 7月4日 »

正岡子規 なじみ集 オークション へ

正岡子規 の 幻の俳句集
なじみ集 が 発見され!

最低価格 2000万円 で
オークション へ 出品!

正岡子規 なじみ集 オークション へ

近代俳句の祖とされる
正岡子規 ( 1867 〜 1902 )が
自身 や 友人の 夏目漱石 の句などを収録した
自筆 の 選句集 が 発見された。

Yahoo! ニュース
子規の自筆選句集見つかる、2千万円でオークションへ


正岡子規 プロフィール
まさおか しき
慶応3年9月17日 ( 1867年10月14日 )
明治35年(1902年)9月19日)は
俳人・歌人・国語学研究家である。

名は常規(つねのり)。
幼名は処之助(ところのすけ)で
のちに升(のぼる)と改めた。

俳句・短歌・新体詩・小説・評論・随筆など
多方面に渡り創作活動を行い
日本の近代文学に多大な影響を及ぼした。

明治時代を代表する文学者の一人である。
死を迎えるまでの約7年間は結核を患っていた。


正岡子規 写真
正岡子規 写真


享年34。
辞世の句
「 糸瓜咲て痰のつまりし仏かな 」
「 痰一斗糸瓜の水も間にあはず 」
「 をとゝひのへちまの水も取らざりき 」より

子規の忌日9月19日を「 糸瓜忌 」といい
雅号の一つから「 獺祭( だっさい )忌 」ともいう。


なじみ集 の 表紙画像は ↓
正岡子規の未発表4句発見 自筆の選句集に収録 西日本新聞


正岡子規 なじみ集 は
7月3日 から 東京都千代田区で開かれる
古書オークション での 出品です。

2000万円の逸品も登場する“古書オークション”の世界


関連
太宰治 桜桃忌 6月19日


[PR]
日本一!売れているアイテムは? ⇒ 楽天ランキング♪



fx