« EGF Silkey 人気の秘密! | メイン | 光岡昌美 ライブトーク »

Google URL 1兆ページ突破

Googleが把握するURLが
1兆ページ突破と報告!

Google URL 1兆ページ突破

米Googleは7月25日、同社が把握するWeb上のURL数が
1兆ページを超えたことを、公式ブログで明らかにした。

同社によると、1998年に初めてインデックスを作成した時点で
既に2600万ページ存在していたが、2000年に10億ページを突破。

このほどついに1兆ページに達した。

Googleはページを数える方法として、
まず頻繁に利用されるページを起点として定め、
そこから新たなページへのリンクをたどっていくとしている。

そのリンク先からまったく同じコンテンツを含むURLや、
自動生成されたコピーを省いた残りが今回発表した1兆ページであり、

現在1日に数十億ページが新たに生成されているという。

1兆ページの多くは内容が似通っているかWebカレンダーの
自動生成コンテンツなどで、あまり検索の役には立たないため、

Googleはすべてのページをインデックス化している訳ではない。
しかしどの検索エンジンよりも包括的なインデックスを持っているとし、

目標は世界中のデータをインデックス化することだという。


引用−Yahoo!ニュース。
Google、把握するURLが1兆ページ突破と報告

Google公式ブログの記事。
We knew web was big...


Googleの目標は「世界中のデータをインデックス化」というから凄い!
しかし、すべてのページが利用者にとって有益なコンテンツではない。

もちろん、Googleもそれは十分に認識してはいると思う。
これからの検索エンジンは量より質を問われる
時代になってきている事は周知の通りである。

以下の2つの記事はとても、興味深いものがある。

1つは
元Google技術者がこれまでのGoogleとは異なる手法で
新たな検索エンジン「Cuil」を立ち上げたそうだ!

2つめは
Google版Wikipediaで
ナレッジ共有サイト「Knol(ノル)」の一般公開を始めた!

関連記事。
元Google技術者、新たな検索エンジンを立ち上げ
メディアが変わる!? ―― Google版Wikipedia「Knol」の衝撃


Googleの概要。

Google(グーグル)は、アメリカ合衆国のソフトウェア会社、
あるいは、同社の運営するインターネット上での検索エンジンである。

米国グーグルは人類が使う全ての情報を集め整理すると言う
壮大な目的をもって設立された。

独自開発したプログラムが、世界中のウェブサイトを巡回して情報を集め、
検索用の索引を作り続けている。

約30万台のコンピュータが稼動中といわれる。
検索結果の表示画面や提携したウェブサイト上に広告を載せることで、
収益の大部分をあげている。

検索エンジンとしては、
2002年には世界で最も人気のあるものになり、

AOLなどのクライアントを通じて
インターネット検索のトップを占めるまでになっている。
日本では、Yahoo! JAPANに次いでシェア2位である。


[PR]
日本一!売れているアイテムは? ⇒ 楽天ランキング♪



fx