« FX 外国為替証拠金取引 で稼ぐ | メイン | ビューティーレーザー890 口コミ »

バレンタインデー 起源

バレンタインデー あるいは
セントバレンタインデー ( St. Valentine’s Day )は
2月14日に祝われ、世界各地で男女の愛の誓いの日とされる。

バレンタインデー 起源
ジェフリー・チョーサーの肖像(1412)。
バレンタインデーとロマンスを関連づけている文書で、
現在のところ最古のものと見なされているのは
チョーサーのParliament of Foulesである。

もともと、269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した
聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する
記念日であるとされている。


バレンタインデー の 起源は ?

バレンタインデー の 歴史は
ローマ帝国 の時代にさかのぼる。

当時、ローマでは、2月14日は 女神ユノ の祝日だった。
ユノ はすべての神の女王であり、家庭と結婚の神でもある。

翌2月15日は、豊年を祈願する(清めの祭りでもある)
ルペルカリア祭 の 始まる日であった。

当時若い男たちと娘たちは生活が別だった。
祭りの前日、娘たちは紙に名前を書いた札を
桶の中に入れることになっていた。

翌日、男たちは桶から札を1枚ひいた。
ひいた男と札の名の娘は、祭りの間パートナーとして
一緒にいることと定められていた。

そして、多くのパートナーたちは
そのまま恋に落ち、そして結婚した。


ローマ帝国皇帝クラウディウス2世は、
愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、
ローマでの兵士の婚姻を禁止したといわれている。

キリスト教司祭だった ウァレンティヌス (バレンタイン)は
秘密に兵士を結婚させたが、捕らえられ、処刑されたとされる。

処刑の日は、ユノの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である。
2月14日があえて選ばれた。

ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたという。
このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、
恋人たちの日となったというのが一般論である。


しかし、この逸話には歴史的背景の説明が必要である。
初期のローマ教会は、当時の祭事から異教の要素を排除しようと
努力した跡がみられる。

ルペルカリア祭は排除すべきだが、
ただ禁止しても反発を招くだけであったため、
教会にはこの祭りに何かキリスト教に由来する
理由をつける必要があった。

そこで兵士の結婚のために殉教したとされる
バレンタイン司教 の助けを借りることにしたと考えられる。

こうしてキリスト教以前からあったルペルカリア祭は、
バレンタイン由来 の祭りであると解釈を変更され、
祭りはその後も続いた。

前述のくじ引きでパートナーを選ぶ話も、
ローマの宗教行事は野蛮であるという印象を
与えるために初期キリスト教会によって
創作されたものである可能性もある。


バレンタインデー と ロマンチック な愛が
関連付けられている文書のなかでも現在のところ
確認されている最古のものはジェフリー・チョーサーの
Parlement of Foules(1382)である。


第2バチカン公会議後の典礼改革で、
史実の上で実在が明らかでない聖人たちが
典礼暦から整理された際に、
2月14日 の ウァレンティヌス の記念日は取り除かれた。
このため現在、カトリックでは、祝われていない。

事実、聖バレンタインに関する伝説は複数あり、
没年が異なっていたり、細部が異なっていたり
するものが複数伝えられているため、
ウァレンティヌス自身の信憑性は低い。


ホワイトデー の 背景
バレンタインデー 日本 では 3つ


[PR]
日本一!売れているアイテムは? ⇒ 楽天ランキング♪



fx